初めての方へ | イトーヨカドー木場店2F、駐車場1200、4時間無料で年中無休の歯科医院

イトーヨカドー木場店2F、駐車場1200、4時間無料で年中無休の歯科医院


インプラント

インプラントの構造

インプラントは、大きく3つの構造からできています。

インプラントの構造
インプラント体(フィクスチャー)
歯の根っこにあたる部分で、顎の骨にこの部分を埋入します。
アバットメント
インプラント体と歯にあたる部分をつなぐためのもので、差し歯の治療をする時の土台の歯にあたります。
上部構造(人工の歯)
歯にあたる部分で、いわゆる差し歯と同じものです。

インプラントの適応

どんな場合にインプラントがむいているの?

歯を失ってしまった場合、それを補うさまざまな選択肢があります。 インプラントをしたいけど、本当に自分にむいてるの?などと、疑問に思っている方も多いことでしょう。 どのような場合がインプラントをした方が良いのか、ご自分にあてはめてみて下さい。

  • 差し歯(ブリッジ)にするために、隣の歯を削りたくない
  • 入れ歯の素材にアレルギーがある
  • 差し歯や入れ歯では、見た目が良くならない
  • 入れ歯が、よく動く、外れる、噛めない
  • 入れ歯をいれると、違和感、痛みがある
  • 入れ歯をいれると、吐きそうになる
  • 入れ歯をいれると、発音しづらい
  • 入れ歯をいれると、味が変わる
  • 入れ歯を支える顎の土手の吸収が激しい

どんな場合にインプラントができないの?

このように、インプラントをした方が良い場合でも、すること自体が難しいことがあります。

  • 顎の骨の不足
  • 全身的な健康状態
  • チタンアレルギー
  • 歯ぎしり・食いしばりが激しい
  • 口の中の手入れが悪い

当院では、インプラントをご希望される場合でも、ご自身の健康を考えたうえで、やむをえなく他の治療法をおすすめすることもあります もっとも、技術の向上により、骨を移植したり、再生する方法が確立されています。 また、全身的な病気がある方でも、十分にコントロールされていれば、インプラントを選択することも可能です。 ご相談させて頂いたうえ、患者さんと一緒に治療法を選んでいきます。

インプラント 骨不足

インプラントは、顎の骨に金属(チタン)を埋め込みます。埋め込むのに十分な骨がない場合には、インプラントが難しくなります。 顎の骨は、基本的に歯を支えるための骨です。歯がなくなると歯槽骨の仕事がなくなるため骨は吸収しやすくなります。 インプラントを行なう前に、歯科用CTやレントゲンで検査を行ないます。顎を立体的に診断し、できるかどうかについて決めていきます。

たとえ骨不足と診断された場合でも、それを補う方法もあります。 骨を他の部分から移植したり、新しい骨を作る方法です。