初めての方へ | イトーヨカドー木場店2F、駐車場1200、4時間無料で年中無休の歯科医院

イトーヨカドー木場店2F、駐車場1200、4時間無料で年中無休の歯科医院


インプラントの長所と短所

インプラントと入れ歯の違い

インプラント

ブリッジ

義歯(入れ歯)

自分の歯を削らなくて済む 歯を失った場合の選択肢として、ブリッジという方法があります。いわゆる差し歯です。差し歯を作る場合、隣の健康な歯を削る必要があります。 インプラントは直接顎の骨が支えとなるため、隣の歯を削る必要はありません。

顎の骨を削る必要がある ただし、インプラントは顎の骨を削る必要があります。

強い力で咬める ブリッジのほかにも、部分入れ歯という選択肢もあります。 部分入れ歯は隣の歯にバネで固定されるため、直接顎に埋め込まれたインプラントに比べると、咬む力はだいぶ落ちます。 インプラントは、天然歯とほとんど変わらぬ咬み応えで、お食事を楽しんで頂けます。

見た目が自然 インプラントは形式が天然歯とほぼ同じなため、自然の歯と見た目が変わりません。 一方、入れ歯は、バネがどうしても目立ちます。

治療に期間がかかる インプラントは通常2回の手術を要します。また、完成までの期間も半年から1年を要するため、比較的時間がかかります。

※もちろん、完成までは、仮歯で過ごすことはできます。

成功率~10年後でも95%~

インプラント治療は、成功率の高い治療

インプラントの材料の技術は目覚しく発展しています。 近年の研究報告では、インプラントが10年後口の中で機能している確率は約95%でした。 インプラントは、正しく利用することで、長持ちする治療法と言えます。

長く持たせるために

もっとも、インプラント治療で大切なのは、治療終了後のメンテナンスです。長く使い続けるためにも、定期的なメンテナンスに通っていただく必要があります。