初めての方へ | イトーヨカドー木場店2F、駐車場1200、4時間無料で年中無休の歯科医院

イトーヨカドー木場店2F、駐車場1200、4時間無料で年中無休の歯科医院


治療の流れ

インプラント治療は、診察・診断からはじまり、約2回の手術を行ないます。

検査・診断
骨の状態、歯肉の状態、咬み合わせの状態をチェックし、インプラントができるか調べます。
治療計画
診査・診断をもとに、治療計画を立てます。
術前治療
状況に応じて、歯周病の治療や咬み合わせの治療など、インプラントを行なうにあたって必要な処置を行ないます。

手術の流れ

1.埋入手術(1回目の手術)

十分な麻酔のもとフィクスチュアーを埋めます。これがインプラントの土台となります。 歯茎を少し切開し、顎の骨を包んでいる粘膜をはがし小さな穴をあけます。骨はネジ式にフィクスチュアーと合うようになっています。そこにフィクスチュアーを埋入し、2次手術に備えフィクスチュアーにカバーをかぶせます。


2.縫合

歯肉を上から閉じ合わせ、フィクスチャーを完全に埋没させます。


3.骨結合を待ちます

インプラントとあごの骨の結合を3~6ヶ月待ちます。 出来るだけ仮歯を使ってより快適に過ごしていただきます。


4.つなぎ目をつける(2回目の手術)

歯となる部分とのつなぎ目(アバットメント)をつけます。 インプラント2次処置、土台のための型とり(埋入処置後、約3~6ヶ月後を予定)


5.人工歯をかぶせる

仮歯を外し、完成した人工の歯(上部構造)をつけます。