DENTURE

トップページ / 診療案内 / 義歯・入れ歯
痛く、噛めない、はずれやすい…義歯でお困りの方、
もっと使いやすくて自然な入れ歯を
お探しの方は是非ご相談ください。

ABOUT DENTURE

歯を失ってしまった場合、ブリッジやインプラントで欠損部分を補えるのであれば良いのですが、どうしても入れ歯を選択せざるを得ないケースがあります。入れ歯と聞くと老けたように思えて落ち込む方もいらっしゃいますが、よく噛める入れ歯は逆に若々しく見えて「もっと早く治療を受ければよかった」と驚かれる場合が多いのです。入れ歯は素材や設計の選択肢が多い治療方法です。最適な入れ歯は「先生にお任せ」では出来ません。

OWN EXPENSE

自費診療の入れ歯

当院では初めての入れ歯はまず健康保険で作ります。お食事や会話の中で入れ歯というものを実感していただき、どこを改善したらもっと気持ちよく使用できる入れ歯ができるのかを考えてもらいたいからです。自由診療では健康保険では適用されない素材・設計・治療ステップなどを用いて、費用をかけた分長期間、気持ちよく、大切に使いたくなる入れ歯を目指します。些細な事でも結構ですから気になるところはご相談ください。

CONSULTATION

こんな事が気になったら、ご相談ください

  • とりあえず食事はできているが、味がしない、美味しく食べられない。
  • 入れ歯にしてからしゃべりにくくなった。
  • 大変丈夫で、安定した噛み心地になります。
  • 入れ歯がよく割れる、ヒビが入る。
REQUEST

自由診療の入れ歯を作る前のお願い

長く快適に使用できる入れ歯にするには、かみ合わせや歯並びが影響してきます。又、残っている歯も入れ歯と同じ期間長くお口の中で活躍できる状態でなければなりません。そこで「自由診療の良い入れ歯を作りたい」とご希望があった場合、歯周病やむし歯の治療、古い修復物の交換などの前治療をしっかり行ってからになりますので、治療期間が長くかかる場合があります。

OWN EXPENSE DENTURE TYPE

金属床義歯

金属床義歯

入れ歯の広い範囲をプラスチックではなく金属で作ります。
メリット
  • 大変丈夫で、安定した噛み心地になります。
  • 温度を伝えやすいので、熱い物は熱く、冷たい物は冷たく召し上がれます。
  • 金属で薄く仕上げてありますので、違和感が非常に小さくなります。
デメリット
  • レジン床義歯と比べると、修理に時間がかかります。
レジン床義歯〜人工歯使用

レジン床義歯〜人工歯使用

保険適用ではできない作製の手順や方法、人工歯を用います。
メリット
  • 健康保険では使用できない美しい人工歯で自然な見た目。(人工歯は種類により差額が発生します)
  • 保険適用外の床用材料を使用しますので、床部分の劣化が進みにくいです。
  • バネの材料や形態を選択できる場合があります。
デメリット
  • プラスチックである以上、薄く仕上げることはできません。
磁性アタッチメント(維持装置)

磁性アタッチメント(維持装置)

歯と入れ歯の内面を磁石で固定します。
メリット
  • 磁石がバネの代わりになるので、見た目の良い入れ歯になります。
  • 歯根の上に入れ歯を乗せる状態なので、入れ歯の沈み込みを最小限にすることができます。
デメリット
  • 神経を除去した歯根が残っている方に限定されます。
  • 頭部MRI検査をする際、必ず担当医や放射線技師に磁性アタッチメントを使用している事を伝えます。
ノンクラスプ加工

ノンクラスプ加工

部分入れ歯の維持力を歯ではなく歯肉に求められるように弾力のある床材料を使用します。
メリット
  • 歯肉に維持を求めますので、バネを使用せず、見た目が良くなります。
デメリット
  • 歯や歯肉の形によっては、維持力が得られない場合があります。
  • 長期間使用していると、床材料の劣化により維持力が弱くなる傾向があります。
  • 弾力のある特殊な材料なので、修理の際は技工所へ送らなければなりません。
各種アタッチメント

各種アタッチメント

歯と入れ歯をホックのように維持させます。ホックは入れ歯の中に入ります。
メリット
  • バネを使用しませんから、見た目が大変よくなります。
デメリット
  • 歯の被せ物にホックの凸部を付けますので、残っている歯を大きく削る必要があります。
  • 維持力が非常に強いので、歯周病の進んだ方には適用できません。
  • 複雑な構造の入れ歯なので、修理が困難です。

精密重合レジン

通常のレジン床作製時に起こる収縮を極限まで抑えたシステムで作製する入れ歯です。
メリット
  • 密に作られますので、装着後の調整が少なく、生体親和性に優れています。
  • 密度や強度が高く、劣化が非常に少ない。定期的な研磨で常に美しい入れ歯を使用していただけます。
デメリット
  • 小さな入れ歯の場合は、効果が出にくい材料です。
  • ダイナミック印象で入れ歯を作製する場合特に効果を発揮しますが、経済的な負担が大きくなります。

ダイナミック印象

粘膜面の型採りを旧義歯+粘膜調整材で時間をかけて行います。
メリット
  • 食事やお喋りなど、いろいろな運動により変形する粘膜が再現できます。
  • 粘膜調整された旧義歯から模型を作りますので、嘔吐反射が心配になる型採りはありません。
デメリット
  • 基本的には総義歯に応用される手法です。小さな部分入れ歯には対応できません。
  • 模型を作製する際、半日~1日入れ歯をお預かりします。

INSURANCE COVERAGE

保険診療の入れ歯

入れ歯は人工歯と床(しょう)と呼ばれるピンク色の歯茎の部分、そして部分入れ歯の場合は維持装置の3つからできています。保険診療では使用できる材料や作製の手順に制限があります。又、維持装置はクラスプと呼ばれるバネを用いますが、欠損状況によりバネが目立ったりします。ただ、保険診療の入れ歯は修理が容易であるなど利点もありますので、作製する時のお口の状態によっては保険診療の入れ歯の方が良い場合もあります。

INSURANCE COVERAGE TYPE

レジン床義歯〜総入れ歯

レジン床義歯〜総入れ歯

健康保険適用のプラスチック製の入れ歯です。
メリット
  • 保険が適用できるので、経済的な負担が少なくて済みます。
  • プラスチックのため調整が容易にできます。
  • 大変丈夫で、安定した噛み心地になります。
デメリット
  • 床(入れ歯の歯肉の部分)がプラスチックの強度を保つために厚くなり、違和感を強く感じる方が多い。
  • 特に上顎を大きく覆う場合、熱伝導率に劣るので食味を損なうと感じる方が多い。
レジン床義歯〜部分入れ歯

レジン床義歯〜部分入れ歯

健康保険適用のプラスチック製の入れ歯です。
メリット
  • 保険が適用できるので、経済的な負担が少なくて済みます。
  • プラスチックのため調整が容易にできます。
デメリット
  • 部分入れ歯の場合、バネ(クラスプ)が目立つことがあります。
アクセス
お問合わせ
TEL 03-5617-6480
受付時間 10:00〜14:00 / 15:30〜20:00