ORTHODONTICS

トップページ / 診療案内 / 矯正歯科
歯並びやかみ合わせは心と身体に影響を及ぼすもの、
大きな口を開けて笑えるようにお手伝いします。

ABOUT ORTHODONTICS

人の印象を決めるのは目ではなく口元だという話があります。話をする時には相手の口元に注目しますから、むし歯があって、歯並びやかみ合わせも悪いというのは印象が良くありません。又、悪い歯並びやかみ合わせはむし歯や歯周病のリスクを高くするのはもちろんのこと、発音や消化、脳への働きかけから認知機能の低下など様々な影響を及ぼします。矯正は見た目だけではなく全身の健康、心の健康のため行う治療です。

CHILD CORRECTION

お子さまの矯正(小児矯正・Ⅰ期治療)

主に乳歯と永久歯の混合歯列期に行うお子さまの矯正治療は、永久歯が理想的な位置に生えるよう顎の成長を誘導していくものです。歯列矯正と聞いてイメージするのは1本1本の歯にブラケットが付いてワイヤーが装着されている姿だと思いますが、お子さまの矯正治療で使用する装置はほとんどが取り外し式のものです。食事や歯みがき、音楽や体育の時間などは外していただきますので、保護者様もご不安が無いと思います。

MERIT

小児矯正治療を行うメリット

矯正治療は歯周病で動揺が出ているような場合を除けば何歳からでも行うことは可能です。しかし子どもの頃から矯正治療を行うことで様々なメリットがあります。

  • 顎の成長をコントロールできるのはこの時期の治療に限ります。頬や口唇などの周囲の筋肉とバランスの良い成長に導きます。
  • 成人矯正(Ⅱ期治療)に移行した時に歯を抜かずに済む可能性が高くなります。
  • 指しゃぶりや舌癖など、歯並びやかみ合わせに悪い習慣をやめるように働きかけます。
  • 小児矯正を行っていると、成人矯正の治療期間が短くなります。
IMPORTANT POINT

小児矯正治療の注意点

装置を正しく使用していただければメリットの多い治療ですが、治療にあたってはいくつかの注意点がございます。

  • ほとんどのケースで取り外せる装置を使用しますが、効果を出すにはできるだけ長い時間の装着が必要です。そのため、お子さまの協力と保護者様の管理が重要です。
  • 矯正は小児矯正のステージだけで終了するとしても数年かかります。保護者様の転勤などで、治療途中の転院はご紹介できる歯科医院が無い場合もございますので、長期間の通院が可能になってからの治療開始をおすすめしております。

ADULT CORRECTION

大人の矯正(成人矯正・Ⅱ期治療)

永久歯列になってからの矯正治療のステージです。これ以上の顎骨の成長は期待できませんので、現状の顎骨のスペースの中で歯並びやかみ合わせを整え、しっかり噛めるようにします。できるだけ歯を抜かない矯正治療を受けたいというご希望も多いのですが、後戻りなどの問題で抜いた方のメリットが多いと診断される場合もありますので、矯正医とよく相談して納得してから治療を開始するようにしてください。

STRAIGHTENING DEVICE

拡大床・バイオネーター等
小児矯正で使用する装置

拡大床・バイオネーター等

小児矯正において、最も使用されている装置は中央にあるねじを回して徐々に顎骨の拡大をしていく拡大床という装置です。その他、周囲の筋肉や舌癖によって強い圧力を受けていることが原因の場合に対応する装置があります。状況によって取り外せない装置もあります。

マルチブラケット
成人矯正で使用する装置

マルチブラケット

歯列矯正のイメージといえばこの装置ではないでしょうか。1本1本の歯に接着したブラケットとワイヤーによって精密に歯列を整えられる最もスタンダードな治療方法です。歯並びは良くなったけどむし歯だらけになってしまっては困りますので、ブラッシングには気を付けましょう。

アライナー (インビザライン)
成人矯正で使用する装置

アライナー (インビザライン)

最近非常に増えてきた治療法で、マウスピース矯正とも言われています。マルチブラケット法と比べ目立たない、金属アレルギーに不安がある場合に有効である、ブラッシングしやすいというメリットがある反面、全ての症例に対応できないというデメリットもあります。

アクセス
お問合わせ
TEL 03-5617-6480
受付時間 10:00〜14:00 / 15:30〜20:00