ESTHETIC DENTISTRY

トップページ / 診療案内 / 審美歯科
自然で美しい口元はとても魅力的です。
機能美、健康美を目的とし、
かみ合わせと全体のバランスも考えます。

ABOUT CORRECTION

美しい口元のための治療を総合して審美歯科と呼んでいます。むし歯や歯周病の治療、欠損やかみ合わせの治療などはお口の機能を回復する治療といえます。よく噛める状態は機能的に美しいものですが、審美歯科はそこにそれぞれの年代に合わせた健康的な美しさや個性や要望に合わせた要素をプラスします。「治療後と分からないように自然に」や「白く若々しい歯に」や「上品な感じで」というご希望をお伺いします。

オールセラミックス

オールセラミックス

オールセラミックスは、実は作り方や素材により種類が分かれます。当院で装着しているオールセラミックスはジルコニアを使用し、ジルコニア+レイヤリング法と呼ばれるジルコニアフレームに陶材を築盛焼成したものと、ジルコニア+ステイニング法と呼ばれるフルジルコニアクラウンに表面ステインを焼成したものがあります。

CERAMIC
ジルコニア+レイヤリング法
LAYERING

ジルコニア+レイヤリング法

ジルコニアに陶材を築盛焼成して作製しますので、大変美しく自然な仕上がりが期待できます。天然歯に近い透明感で現在ある修復物の中では最も審美性に優れているといえます。主に前歯~小臼歯部に用います。

ジルコニア+ステイニング法
STAINING

ジルコニア+ステイニング法

レイヤリング法に比べると審美に劣ると言われていますが、ジルコニアの強度を生かして小臼歯~大臼歯部に用いられています。特に今まで白い被せ物だと割れてしまっていた歯に対しても用いることができます。

メタルボンド

メタルボンド

メタルボンドは金属フレームにセラミックを築盛焼成して作られる修復物です。最近ではオールセラミックス修復も増えていますが、大きなブリッジなど対応不可能な症例もありますので、審美修復においては今でも最も用いられています。金属フレームのデザインを工夫することにより応用範囲が大変広い修復物でもあります。

METAL BOND

どちらを選べばいいの?

審美修復のスタンダードはメタルボンドですが、オールセラミックスを選んだ方が良い場合があります。

金属アレルギーのある方

ほんの少しでも金属が見えるのはイヤな方

メタルボンドの切削量では支台歯の維持力が弱くなってしまう方

歯肉が薄く、メタルボンドでは歯茎の色が暗くなってしまう方

徹底的に審美を追求したい方

アクセス
お問合わせ
TEL 03-5617-6480
受付時間 10:00〜14:00 / 15:30〜20:00