PREVENTION

トップページ / 診療案内 / 予防歯科
口腔内の健康が全身の健康を支えています。
むし歯や歯周病で歯を失わないためにできること。

ABOUT PREVENTIVE DENTISTRY

むし歯や歯周病の痛みで歯科医院に行くのは本当に気が重いですね。予防歯科はむし歯にならない、歯周病を進行させないためのものです。むし歯や歯周病の予防には毎日のケアが重要です。ドクターや歯科衛生士による指導やクリーニングなどの「プロフェッショナルケア」、その指導に基づいて皆さんが毎日ご自宅で行う「セルフケア」の2種類のケアでお口の健康を保ちましょう。

プラークコントロール

プラークコントロール

むし歯や歯周病の原因となる細菌は、数が少なければ、たとえ酸や毒素を出しても唾液によって薄められたり中和されたりしますので、問題にはなりません。プラークコントロールとは、むし歯や歯周病の原因菌の数を悪い影響を及ぼさない範囲に留めていられるようにケアをしていくことです。

PLAQUE CONTROL
PMTC

PMTC

PMTC=Professional Mechanical Tooth Cleaningは「専門家による専門用具を使用した歯面清掃」です。歯石をしっかり取り除いた後にむし歯や歯周病へのリスクが高い部分を専門の道具を用いてバイオフィルムを除去し、セルフケアしやすい環境に導くよう清掃するのがその役割です。

PMTC
自由診療で行うPMTC

自由診療で行うPMTC

歯周病に罹患している場合は健康保険適用になり健康保険のルールに沿って治療を行いますが、歯周病ではないが定期的に徹底したクリーニングを行いたい場合や、歯肉より上に頑固に付いたステインやヤニのクリーニングを行いたい場合、多忙などの理由で健康保険のルールに則らずに歯周病の処置を受けたい場合などが自由診療で行うPMTCの対象です。お口の中の状態によっては健康保険で行う歯周病治療をお勧めすることもあります。

PMTC

REGULAR CHECKUP

むし歯や歯周病の治療が終わったからといって安心してはいけません。お口の中が明日も健康でいられるようにメンテナンスに移行します。通院の間隔は患者様により違いはありますが、予防のプロである歯科衛生士が行っている通常の歯周病に対するメンテナンスの流れをご案内いたします。

検査(ポケットの測定など)
STEP
01

検査(ポケットの測定など)

前回の来院から当日までで気になったことはないかお伺いし、歯周ポケットの測定、出血や動揺の有無、染め出しなどの検査を行います。必要があればレントゲンの撮影を行うこともあります。

検査の説明
STEP
02

検査の説明

検査の結果をご説明します。前回と比べて改善しているところ、セルフケアで不十分なところについて指摘させていただきます。説明と一緒にブラッシング指導を行うこともあります。

スケーリング・歯面清掃
STEP
03

スケーリング・歯面清掃

歯ブラシでは取れない歯石を専用の器具で除去(スケーリング)して、フッ素配合の歯磨剤を用いて歯面清掃・歯面研磨を行います。

ブラッシング指導
STEP
04

ブラッシング指導

検査の結果を基に、歯ブラシや補助清掃用具の効果的な使い方などセルフケアについて指導いたします。超音波歯ブラシなどの使い方の指導も行いますので、普段ご使用の物をお持ちください。

アクセス
お問合わせ
TEL 03-5617-6480
受付時間 10:00〜14:00 / 15:30〜20:00